« 愛ってムツカしい【ペット奮闘記・外伝】 | トップページ | 映画「ソルト」&「インセプション」感想文 »

2010-08-19

Myu & Coco珍道中記*下

さてさて、珍道中記・下である。

思えば15時半に横浜を出て、焼津で一回給油をしただけで、
22時半までの7時間ずっと走り詰めだったボク。

翌日は午後からロードーがあるため、なんとしても横浜に帰らなければならなかった。
つまりとんぼ返りしなければならなかったのだ。
それは承知の上での名古屋行きだったので、別に苦にはならなった。

だけどそれなりに疲れていたので、
「帰りは休みながらゆっくり行こう」
と獣医の近くのコンビニに立ち寄った時、不思議と食欲は無かった。
だけど、もしかして、このおふた方(Myu & Coco)はお腹がすいてるかもしれない、と思い、
自分には飲み物だけ、お嬢さん方にはキャットフードを買った。

そして、カルピスのペットボトルが入っていたダンボール箱に入れたられたままでは、
あまりにもCocoが不憫に思い、(だって全く身動きとれないようだったからね)彼女をダンボール箱から出してあげると助手席にダンボール箱に入っていたシートを敷き、自由にしてあげた。

キャリーバックに入ってたMyuは、別にそのままでも良かったと思うのだが、
Cocoだけ自由にしたのでは不公平だと、変なバランス感覚が働き、
結局、Myuのキャリーバックのふたを開けてあげると、
彼女はしばらくして、のそのそとバックの中から出てきた。

しかし、まさかこの時はのちに起こる悲劇(見方を変えれば喜劇だけど…)なんて、
想像だにしなかったのだ!

それは、またあとの話。

さて、話を戻そう。

おふた方を車の中で自由にしてあげたけど、
Myuはとてもおとなしく助手席の足下の隅の方に丸まって、じっとボクのほうを見つめるばかりだった。

Cocoはと言えば、ダンボール箱から出した瞬間こそ、
「ここはドコ?どこなのーーーー!?」と、戸惑った様子だったが、
すぐに車内の雰囲気にも慣れ、狭い中を探検して歩いていた。
さて、そろそろ走り出すかと思った時、
Cocoが助手席の上に敷いたシートの上で、なにやら息んでいる。

なんと!

Cocoは初対面から間もないというのに、さっそくボクの車の中でウンチをしたのだ!

なんとも天真爛漫というか、あほというか、神経が図太いというか……

MyuはそんなCocoの様子を冷ややかに見つめていた。

これが高速道路を走っている最中でなくて、ホントよかった。。。

「おいおい、いきなりウンチでご挨拶かよー」とぶつぶつ言いながら、
ボクはCocoのそれを処理すると、気を取り直し一路横浜に向かってアクセルを踏んだ。


それにしても、Cocoの物怖じのなさっていったら、ホントに不思議。
とても猫とは思えない。

だってね、車内を探検し終えたと思ったら、ボクの膝に乗ってくるのだよ?
初対面のボクの。

猫ってさ、もっと人見知りなんじゃなかったっけ?

Cocoはボクの膝に乗ってくると、ハンドルに前足を掛けてくるから、
さすがにそれでは運転が危うくなるので、叱ったけど、そんなのに動じず、
そのまま、居場所を見つけたように気持ち良さそうに丸くなった。

かたやMyuは、相変わらずボクのほうをじっとみつめたまま微動だにせず、
助手席の足下の隅で、全身から緊張を放っているというのにね。

まったくコイツは……なんて猫なんだ!?

さてさて、そんなこんなで帰路途中、大きな事件も無く、
睡魔に3度の休憩を取り、
ようやく横浜に到着したのは午前4時頃。

「やれやれ……」

ようやく着いたと、Cocoには再び段ボール箱に入ってもらい、
Myuもキャリーバックに入れ……と思ったら、Myuの姿が見当たらない!?

マジか!?

途中のサービスエリアで逃がしてしまったか!?
いやいや、それはあり得ない。
では!?
Myuよ、いずこへ!?

Myuはなんと、助手席のシートの下に潜り込んでしまっていたのだ!!

ぬをををを!?

心配にあまり寝てなかったヨメにCocoを預けると、
「かわいいね〜」と言ったあと、「もう一匹は?」と聞かれた。
歯切れの悪い返事をしたあと、「実は…」と話し始めると、
「なんで猫を車の中で自由にしちゃうの!?」と責められた。
猫は、動きが俊敏だから本来車などでは自由にさせてはいけないものだと……。

だけどさ…だってさ…でもさ……

ええーーいぃぃい!済んだことはどうしようもねーだろーーーと心の中で毒づき、
それよりなにより、Myuを助手席のシートの下から引きづり出すことが先決だった。

とりあえず生きてはいるみたいだ。
だけど、どうにも隙間は狭く、引っ張りだしても踏ん張られてしまい、出すことができない。

はてさてどうしたものか……。

とりあえずエサ作戦。
このまま強引に引っ張りだそうとしても埒が開かないので、
エサを置いておびき出そうとした。

いい加減疲れていたので、狭いところに入れたままなのはちょっと心が引けたが、
自分自身の身も大切。
ひとまずエサを仕掛けるとしばらく放っておいて仮眠することにした。

でも、預かり受けた大切なお嬢さんだ。そうやすやす眠りに落ちることも出来ず、
結局、うとうとしたままいたずらに時間を過ごし、7時半にもう一度様子を見てみた。

だが、まったく動く気配なし。

今日も暑くなりそうだった。

このまま放って出かけるわけにもいかない。

さて、困った……どうしよう?

仕方が無いので、助手席のシートをはずして引きずり出すことにした。
だけどウチにあるへっぽこ工具ではどうにもたちいかず、
自動車修理工場を調べ、事情を話すと、
我が家から車で5分ほどの修理場が快い返事をくれた。
さっそく出掛けて、シートを外してもらい、無事、Myu救出成功!

って、救出したはずなのに、取り上げた時、逃してはいけないと思い、
その身体をしっかりと抑えていたボクの両の腕を、
容赦なくMyuはひっかきやがった!

あほーーーー!

助けてやってのによーーーー!!(心の叫び)

……と、まぁそんなこんながお嬢様2人を引き受けたときの顛末だ。

書き漏らしたことも多々あるがそれはまた別の機会に。

さてさて、気になるお嬢様おふた方ですが……。

こちらがMyu。
「IMG_0040.jpg」をダウンロード

こちらがCoco。
「IMG_0052.jpg」をダウンロード

どうしてこんな写真になっているかの説明はまた次回にでも♪

チャンチャン。

|

« 愛ってムツカしい【ペット奮闘記・外伝】 | トップページ | 映画「ソルト」&「インセプション」感想文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96233/36250031

この記事へのトラックバック一覧です: Myu & Coco珍道中記*下:

« 愛ってムツカしい【ペット奮闘記・外伝】 | トップページ | 映画「ソルト」&「インセプション」感想文 »