« ねこのうんちっ! | トップページ | μ(みゅー)との約束 »

2010-08-30

魔性のオンナ

このブログ、メインテーマは「監督風味…オチコボレ映画監督の再生(?)記」とあるが、
もうすっかり猫バカ日記に成り果てているのである。

いっそのこと「ネコ缶風味」とでもタイトル変えちゃうか!?(笑)

まっ、それはともかく。

まったくCocoのヤツと来たら、とんでもないヤツなのである。

Img_0128

もともと預かった猫なので、いずれ別れが来ることを承知で、
ヨメは、「ワタシはお客さんとして接するからね」なんてクールに構えていたのに、
今までにも何度も書いて来たが、猫に猫なで声でかわいがっている始末。
もうすっかり自分の子のようである。

折りを見て「返さなきゃいけないんだからな」と言うと、
そのセリフは無視して、
「ねー、Cocoちゃーん、アンタは玄関の板の間が好きなんだもんねー」
なんてCocoをののど元をゴロゴロする。

いやはや、困ったものだ……。

それにしても、恐るべしCoco!

実は、もともとネコ嫌いだったヨメ。

ネコが大丈夫になっていたのは、実家でネコを育てるようになってからのことで、
ここ2、3年のことだったのだ。
ちなみに実家のネコは野良だったヤツで、名前を『イチ』という。
台風の日に実家の庭の隅で死にそうになっていたところを拾われた。

どーでもいいが、Cocoと合わせれば、カレー屋さんが出来る(笑)

ヨメがネコを大丈夫になったのは、このイチのおかげによるものが大きい。
イチは、とてもおっとりした性格で、年齢は分からないが老成しているように見て取れる。
決して爪を立てたりしないしね。

更に実家では、ミニチュアピンシャーの『ピン』という犬も飼っているのだが、
犬とネコだというのに、こいつらは仲が良い。
ピンがイチにちょっかいだしても、イチは黙ってやられていて、
だけど、あまりに黙ってられなくなるとネコパンチを繰り出す。
ネコパンチに驚いたピンは、やり返そうとはせず、
しゅんとして引き下がるばかりなのだが、
また忘れてちょっかいを出したりして、
イチはまた黙ってやられてて……ネコパンチ!
ってな、感じの2匹なのだ。

どっちも去勢してオカマちゃんのせいなのか!?

ま、それはともかく。

Cocoのことである。

いかにイチのおかげでネコが大丈夫になったとはいえ、
Cocoに対してのヨメのかわいがりようは目を見張るものがある。
まるでホストクラブに入れ込んじゃったおばちゃんといった風なのである。

あ、Cocoは女の子だから、ホストクラブはちょっと違うか……。

ま、それはいいとして。

ヨメは、こんなにもネコ好きだったのか!?と、ボクもびっくり仰天の日々。

こんなにもヨメを熱中させるCocoは、
かわいい顔して『魔性のオンナ』と呼ばざるを得ないだろう。

ヨメだけじゃなく、実家も交えて現在マンチカンフィーバー炸裂中だからね、我が家周辺は。
この確率変動はいつまで続くんだぁあああああ!!?

ヨメの実家では、すでにマンチカンを飼って(買って)からの予定行動まで決めているようだ。

さてさて、いずれCocoと来る別れには、それなりにドラマがありそうだ。

困ったもんだ……。

                   マジで、トホホ。。。。

チャンチャン……

|

« ねこのうんちっ! | トップページ | μ(みゅー)との約束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96233/36439262

この記事へのトラックバック一覧です: 魔性のオンナ:

« ねこのうんちっ! | トップページ | μ(みゅー)との約束 »